事故車を処分したいと思ったときはどうする

事故車の処分方法にはいろんな種類があります。車は高額なものですので、出来る限り損をしない方法で処分しましょう。

事故車処分の方法

no.1

買取業者に依頼をする

例え事故車であったとしても、買取業者が状態をみて買い取ってくれることもあります。事故車だからと思わないでまずは相談してみて下さい。

no.2

廃車手続きをして処分する

車を処分する際にはしかるべき手続きがありますので、正しい手続きを行って事故車の廃車処分をしましょう。

no.3

新しい車を購入して下取りしてもらう

新車を購入しようと考えているのであれば、その際に事故車の下取りをしてもらいましょう。

no.4

オークションに出品する

事故車であったとしても、個人でオークションに出品すれば買い手がつくこともあります。

no.5

知り合いに車を譲渡する

自分の知り合いで信頼できる人であれば、事故車を譲渡しても良いでしょう。業者が間に入らないので、最もお得に売却することができます。

廃車

事故を起こした自動車の対応方法

自動車を運転していれば誰でも事故を起こさないように注意しますが、自分がいくら注意していても事故の発生が無くなることはありません。事故を起こした車のことを事故車といいますが、その破損状態によって修理して使うのか、それとも処分するのか決めることになります。この対応は持ち主やその関係者で判断して決めることになりますが、修理でも高額の費用が必要になる場合が生じるでしょう。ただ自動車というのは処分するにも費用が必要であり、元から購入した金額も安くはないので、適切な処分方法を検討したいと考えます。事故車はどの部分を破損したかによって継続して使用できるか異なり、その判断は専門家でなければわからない場合がほとんどです。処分しても自動車が必要であれば再び購入することになるので、無駄の無い対応をすることが大切になります。

事故が起きてからの持ち主の適切な対応

自動車を走行していて事故が起きると初心者の人ほど動転してしまい、そのまま走り去ったり、事故が起きた状態のままで放置することがあります。事故が起きたら自動車を後続車が邪魔にならない場所まで移動し、すぐに警察に連絡を入れてください。警察に連絡することで以後の保険関係の処理がスムーズに行えるだけでなく、後続車の事故を防止することもできます。そこで事故車が走行に問題がなければ修理工場に持って行ってもいいのですが、レッカー車で持って行ってもらった方が適切です。そこで専門家に事故車の状況を判断してもらい、走行に支障がなければ修理して使えますが、継続して使うと故障の原因になりやすくなります。処分する場合には専門業者に依頼すれば廃車手続きを行ってもらいますが、使える部品を外してリサイクル業者に売却することで費用の軽減に繋がります。事故車であっても処分をしなければ税金が必要になるので、乗らないのであれば廃車手続きを行なうようにしてください。

広告募集中